食べた物をメモにする

絶食ダイエットは良くありませんが、量を少しずつ減らしていくということは、とても大切です。
ですが、いきなりしてはお腹が減って苦しいだけになります。
そこで意識を高めるダイエット方法として、その日食べたものをメモにすることです。
そうすると、自分の一日の食生活を見直す機会となり、食べ過ぎてしまったら明日を意識して、少しずつ減らしていく事ができます。 そうすれば、間食もだんだんと減り、余計な分を食べてしまったら、違うところで調整ということをするようになります。

適度な運動も必要

さらに効果的なのが、水分を取ることです。
そして、適度な運動をして汗をかいて悪いものを外へだし、さらに水分を補給して体内の活性化をさせます。 新陳代謝をあげることで、脂肪を燃焼しやすい体へとさせていくのです。
この運動と共に行うと更に効果的なのがキャビテーションという方法です。
参考サイト:キャビテーション

エステサロンでの施術ですが、運動と共に行うのがおすすめです。

乾燥肌にワセリン

肌が乾燥するとひび割れやあかぎれの原因になったり、刺激が届きやすくなってかゆみが止まらなくなったりします。
市販の保湿クリームは尿素配合のものが多いのですが、尿素は効果が強いので顔には不向きといわれています。
そこで試していただきたいのがワセリン。
名前は聞いたことがあるけれどどんなものかよくわからないという方がほとんどではないでしょうか。
ボクシングの試合なんかで血止めに使われてたりしますよね。
このワセリンが乾燥肌にはとても効果的なのです。
顔や手を洗ったあとにまだ少し水分が残っている段階で肌にすり込むようにするとお肌を保湿してくれます。
ただし元々が石油からできている物質なので、紫外線に当たる前には使わない方が良いみたいです。

ヘルシーな食生活にも盲点が…

ヘルシーな食生活をしているのに、どうしてもお腹周りが痩せない…。
そんな思いを持っている方もいるかもしれません。
ヘルシーな食生活にもいろいろありますが、たいていは自分でヘルシーな食事を作っている方が多いでしょう。
実はヘルシーな食事でも作り置きをした食事がメインになってしまうと、思うような結果がでないことが往々にしてあります。
何故なら作り置きした食事を加熱した場合、食物がアルカリ性から酸性に変わってしまい、ヘルシーな食事にならないからです。
ヘルシーな食事にプラスすると効果的なのが酵素ドリンクです。
体に不足しがちな酵素を手軽に補う事ができます。